Koo Koo
MIHOのボツワナ日記
プロフィール

Miho IMAI

Author:Miho IMAI
Name:
 MIHO.I
Histry:
 Born in Toyama in Japan.
grown up in Tokyo +
Tasmania in Aus.
worked in Hiroshima +
now in Botwana.

富山(12年)
 東京(8年)
 タスマニア(4.5年)
 広島(3年)
 ボツワナ(~~)
My favorit:
the ocean, nature, surfing
海、自然、サーフィン


Favorit word:
〝You can't step twice
   on the same
    peace of water."
by Albert Falzon

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Japan, I'm proud of my country.

SANY0246.jpg 

関東東北大地震。

まるで映画をみているような光景。

未だ実感がわかない中、日本の家族や友達の事を

考えると居ても立っても居られない。

でも、何もできないのが歯がゆい。

長年連絡を取ってなかったクラスメイトの無事が分かり、

ほっとした。

それと同時に、日本人の底力、日本人の律義さ、やさしさ、

いろんなことを、こんな遠くにいながらも沸々と感じている。

何も、うまく言えないけど、友達のミクシ―日記に感動し、

日本人であることに、また誇りを感じた。

友達のミクシ―日記をそのまま引用させてもらいます。

とっても感動したので・・・

題名みただけで、ほろっときました。

****************************

素晴らしい日本という国

停電地の皆様大丈夫でしょうか??
こちらも極力節電しながら過ごしています。

連続日記になってしまいますが…
さっき、登録しているメルマガが久しぶりに届きました。

少し長いですがお時間のある方は呼んでみてね。

孫将人(そんまさと)コラム
【私たちは大きな家族】世界のお手本としての日本

******

今回の地震で被災された皆さまに慎んでお見舞い申し上げます。

被害に遭われた方々の早期救出と二次災害の防止を心から願うしだいです。

皆さまのご無事を、心からお祈りしています。

こうした大変なときに、くじけることなく

譲り合い、助け合いの精神を忘れることなく

凛(りん)とした姿勢で行動する

日本人にとても誇りを感じます。


今回は、「がんばれ日本」と題した

元気の出るツイート(ツイッターのつぶやき)からいくつか取り上げます。

【出典】https://docs.google.com/document/pub?id=1Um


FXi9xxYkZcNLIC-q4RsdrbhCDk8PisESXoxlGmRCY


*****************************
◎国連からのメッセージ

国連からのコメント「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。
今回は国連が全力で日本を援助する。」 に感動した。
良い事をしたら戻ってくるのです。これがいい例なのです


◎バス停で・・・

バスが全然来ない中、@saiso が、
バス停の前にある薬局でカイロを買ってきて、並んで待ってる人みんなに配った!


◎ディズニーシーにて

ディズニーシーに一泊した娘、無事帰宅しました!
キャストのみなさんが寒い中でも笑顔で接してくれて不安を感じることなく過ごせたそうです。
防寒のカイロやビニール袋、夜・朝の軽食と飲み物、おやつまで。
ディズニーの素晴らしさに感動です。頑張ってくれたキャストさん、ほんとにありがとう!!


◎日本人の良さを再認識

この地震が、きっかけになって、失いかけていた日本人本来の良さが戒間見れた気がする。
犯罪はする様子はなく、助け合い、律儀、紳士的。普段日本人は冷たい人が多い...。
って個人的に感じてるんだけど、多くの人が今回で「絆」を取り戻しつつあるように見えて、
それがなんか感動して、泣けてくる。


◎段ボールに感動

ホームで待ちくたびれていたら、ホームレスの人達が寒いから敷けって段ボールをくれた。
いつも私達は横目で流してるのに。あたたかいです。


◎外国人から見た日本人

外国人から見た地震災害の反応。
物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、
そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。
運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。
この光景を見て外国人は絶句したようだ。本当だろう、この話。すごいよ日本。


◎BBCの報道

本当に感動。泣けてくる。⇒BBCめっちゃ誉めてる。
地球最悪の地震が世界で一番準備され訓練された国を襲った。
その力や政府が試される。
犠牲は出たが他の国ではこんなに正しい行動はとれないだろう。
日本人は文化的に感情を抑制する力がある。


◎パン屋

昨日の夜中、大学から徒歩で帰宅する道すがら、
とっくに閉店したパン屋のおばちゃんが無料でパン配給していた。
こんな喧噪のなかでも自分にできること見つけて実践している人に感動。
心温まった。東京も捨てたもんじゃないな。


◎日本ってすごい

日本って凄い。官僚も民間も、皆で助けようとしてる。
トラックの運転手も有志で物資運んでるらしいし、
東北の交通整備をヤクザさんがやってるという話も聞いた。
最近、日本に対して誇りを持てないことが続いていたけれど、そんなことない。
日本は凄い国だ。素直に感動してる。日本国の皆さん頑張ろう!


◎スーパーでの出来事

スーパーで無事買物出来ましたヽ(´o`;
でもお客さんのほとんどが他の人の事を考えて
必要最低限しか買わない感じだったのが感動しました(涙)

◎「みんな」

タクシー運ちゃんと電車駅員さんとおばさんと話したけど、
みんな遅くまで帰れなかったりしてすごく疲れているのに、
苛立つ事なく、言葉遣いもふるまいも丁寧で、逆に気遣われてしまった。
「みんな大変だから」という"みんな"って意識があることに感動するし、
私も受け継いで大事にしたい文化。


◎日本の強さ

サントリーの自販機無料化softbankWi-Fiスポット解放、
色んな人達が全力で頑張っててそれに海外が感動・協力してる。
海外からの援助受け入れに躊躇したり自衛隊派遣を遅らせたりしてた
阪神淡路大震災の頃より日本は確実に強い国になってるんだ。みんな頑張ろう。


◎朝礼

今朝の朝礼で「何があっても決して不安な顔は見せずに
売り場に立つ以上はおもてなしをする気持ちを忘れずに
お客様を安心させてあげてください」
ちょっと感動した。がんばるか。開店です!

◎ローマから

ローマにいる友達からメール。
ローマの人々はニュースを見ながらこのような状況でも冷静に対処する日本人に感動し、
尊敬の念を覚えながら、非常に心配しているとのことです。


◎声をかけること

昨日、裏の家の高1になるお兄ちゃんに感動した。
家に1人で居たらしく、地震後すぐ自転車で飛び出し近所をひと回り。
【大丈夫ですか―――!?】と道路に逃げてきた人達にひたすら声掛けてた。
あの時間には老人や母子しか居なかったから、声掛けてくれただけでもホッとしたよ。
ありがとう。


◎助け合い

警備員の友人何人かが町田〜相模大野で夜間警備のボランティアをしていたので手伝ってきた。
年齢問わずいろんな知らない人同士が助け合っていて心強かった。
ちょっと感動してトイレの隅で泣いた。

◎コンビニ

停電地区のほとんどの店が店を閉めてる中、
あるセブンイレブンが店内陳列棚にいくつもろうそくを置いて、営業をしていた。
レジが使えないため在庫確認用のハンディで値段確認し読み上げ、
もう1人が電卓で計算、もうひとりが懐中電灯で照らす。
その状態でレジ2台稼動させていた。感動した。


◎避難所

長女いわく、横浜の避難所に向かう時に、知らない人達と声を掛け合い、
場所を教え合っていたそうです。普段は冷たいと思っていた他人の優しさに触れ、
感動したそうです。日本人のいざという時の団結力を再認識しました。
まだまだ日本も捨てたものではないです。


◎呼びかけ

何時間も歩き続けてたんだけど、至る所でトイレかしますとか、
休憩できますとか言うビルや飲食店が沢山あって感動しました。
とある企業ビルの人がボランティアで、○○線運転再開ですー!
とか、休憩できますー!!って呼びかけてるの見て
感動して泣きそうになったマジでw日本も捨てたもんじゃないな


◎ホームにて

都営大江戸線の光ヶ丘方面行きは、非常に混雑しています。
ホームにも、改札の外にも、電車を待つ溢れんばかりの人。
でも、誰一人列を崩さず、通路を開け、係員の誘導に従っている。
ロープがあるわけでもないのに、通る人のための通路スペースが。
その不自然なほどの快適さに、ただただ感動するばかり。


◎駅員さん

終夜運転のメトロの駅員に、大変ですねって声かけたら、
笑顔で、 こんな時ですから!だって。捨てたもんじゃないね、感動した。


◎おっちゃん

昨日4時間かけて歩いて帰ってきた主人。
赤羽で心が折れそうになってた時「お寒い中大変ですね!
あったかいコーヒーどうぞ!」って叫びながら無料配布してるおっちゃんに出会った。
これがあったから頑張れたそうだ。もう5回もこの話をしてくるので本当に嬉しかったんだと思う。
おっちゃんありがとう。


◎献血の列

日本は強いです!大阪難波の献血施設は被災地の方の為に
超満員の順番待ちでした。私欲の無い列を初めて見ました。
感動しました。被災地の方々、全国でその辛さを受け止めます。諦めずに頑張って下さい!

◎買うのやめるわ

バイト先に若いお兄さんたちが軍団でお酒を買いに来たんだけど、
その中の一人が「やべえ、オレお酒のためにしかお金持ってきてないから募金できん。
ちょっとこれ買うのやめるわ」って言って商品返品してそのお金全部募金してた。
お友達も続々と募金しててすごい感動した。 すごいよ


◎いつでも買える

今日、募金箱に金髪にピアスの若い兄ちゃんが万札数枚入れていた。
そしてその友人に「ゲームなんていつでも買えるからな」と言っていたのが聞こえて
私含め周りの人達も募金していた。人は見た目じゃないことを実感した。
そんなお昼でした。 この話感動しました。


◎絶対うまいはず

僕も秋葉からの帰りにおにぎりとみそ汁配ってる方に会いました、
感動しました、チャリだったからダイジョブです他の人にって言ったけど
もらっておけばよかったなぁ絶対うまかったと思う


◎お菓子いっぱい

すごい。弟たった今ディズニーランドから帰宅したんだけど。
新品のお菓子袋いっぱいにもらってきて、客全員分の帰りの交通費負担してくれたんだって。
一晩中、何か言えば全て対応してくれたって。やっぱり世界のディズニーランドなんだね。

◎Pray for Japan!

うわーん!!感動し過ぎて超泣いた!
さっきの知らない国際電話、誰か日本の人に繋がればいいなと思って
日本の局番で自分と同じ番号おしてかけて来た、心配と応援の電話だったの!
英語よくわからなかったけど、言ってることは理解出来た!
向こうで沢山の人がpray for japanって!


◎コードネーム(トモダチ作戦)

米軍の日本救援のコードネームが
Operation Tomodachi。
感動した。いちいち発表しないところも。
被災地での活動よろしくお願いします

◎真っ暗な店内

昨夜のこと。ある駅近くのコンビニが停電の中自家発電で営業していた。
レジに長蛇の列が出来ているさなか、燃料が切れたのか自家発電が切れてレジが動かなくなった。
真っ暗な店内。皆手に持った商品を棚に戻して店を出ていた。
そのまま持って出ても誰も分からない状況だったけど。


◎凛々しい!

被災地から救出された80歳過ぎであろう男性。
笑顔で「大丈夫!大丈夫!チリ津波も体験してるし、再建しましょう!」と。
悲しみの声を聞き出そうと食い下がる記者に「そんなこと言っても仕方ないでしょ」と笑顔。
隣にいたご婦人も「みっともない格好撮らないで」と。
日本を築いてきた方達は凛々しい。


◎中国メディア

朝日新聞より。中国メディアで日本民衆の冷静さに感慨といった記事相次ぐ。
普段は日本に厳しい論調だが、「地震後の東京では、男性が女性を助け、
ゴミ一つ落ちてない」と紹介。
中国中央テレビは被災地に中国語案内があることを紹介。
「外国人にも配慮をする日本に、とても感動した」と締めくくる。


◎慣れてるのよ

来る時に電車で聞いたおばあちゃんの会話。
「警察が電気足りないから電気(灯り)消せって」
「私たちは御国のために電気消して過ごすのは慣れてるのよ。
今回は頭の上に爆弾降って来るわけじゃないんだもの、喜んで消すわよね」
周囲の人々一瞬しん・・・となる。涙が出そうになった。


◎ふんばりどころ

東横線の車掌さん、アナウンスで「大変なことになってますが、
ここが頑張りどころです。みんなで力を合わせて乗り切りましょう!」と。
たぶん、マニュアル外だと思う。素敵だ(^^)


◎大丈夫だ

CNNに登場した千葉在住の米人学生「私は混乱したが、まわりの日本人は違う。
落ち着いて周りの人で声を掛け合っている。
お互いの状況を確認し励ましあい助け合う。
日本人は偉大だ。日本は大丈夫だ」パニックを期待したCNNアンカーちょっとガックリ・・・

【出典】https://docs.google.com/document/pub?id=1Um
FXi9xxYkZcNLIC-q4RsdrbhCDk8PisESXoxlGmRCY


*****************************


なぜ、日本ではこうした大変なときに
自分のことだけでなく、相手を思いやり
助け合い、譲り合うことができるのでしょうか?


実は、私たちは自分たちが考える以上に

日ごろから、相手のことを思いやっているからなんです。


普段は心の深い部分で
お互いを思いやっているため
表面にあまり出てくることはありません。


そして、心の深い部分では
一旦緩急があれば(大変なときが起きたとき)
自分の命を捧げる覚悟ができています。

今、日本国内だけでなく
世界中が私たちがどのように
震災を乗り越えるかを注目しています。


今こそ、私たち1人1人が
世界のお手本となって
お互いを思いやり助け合うときです。

☆─今回のポイント─☆
○自分たち思っている以上に日本は素晴らしい国です。
○私たちは1つの大きな家族です。
○ちょっとしたことでも
今、自分に何ができるか?をやってみよう。

☆─────────☆

こうした大変なことがないと
私たちは助け合うことができないのでしょうか?

決してそうではないはずです。


平穏なときでも
隣人、隣国とお互い助け合うことができるような
世界を一緒に作っていきましょう。


その平和な世界の礎(いしずえ)を
日本がお手本となって作ることを
試されているといえます。


私たちは大きな家族です。

この家族の輪を世界に広げていきましょう。


****************************

素敵な国です。日本。

これからが踏ん張りどころだけど、

こんな素敵な国だから

困難を乗り越えて、

よりよい国になることを信じてます。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://happylifeofmiho.blog76.fc2.com/tb.php/69-6d3df23f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
平和ボケしてて、人の繋がりも薄いってずっと思ってたけど、初めて日本人て強いんだなって感じてる。忍耐強さ、絆の強さ、意志の強さ…。
でもやっぱり人間だから、救援物資が届かないこの現状が続くと、冷静でいられないかもって思うとどうしようもない気持ちになる…(;_;)
自分たちに出来ること、微力でもいいからしていかなきゃね。
ホントに持ちこたえて…。
YuMiCo | 2011.03.16 15:37 | edit
ほんと、これからが勝負所。頑張ってほしい。っていうか、私も何かしたい。
とりあえず、こっちの日本大使館にいって、義捐金の寄付と記帳をしてみた。
日本もてんやわんやでこっちからできることが限られてるけど、私も日本人として何ができるかよく考えよう。
MIHO | 2011.03.18 15:43 | edit
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。