Koo Koo
MIHOのボツワナ日記
プロフィール

Miho IMAI

Author:Miho IMAI
Name:
 MIHO.I
Histry:
 Born in Toyama in Japan.
grown up in Tokyo +
Tasmania in Aus.
worked in Hiroshima +
now in Botwana.

富山(12年)
 東京(8年)
 タスマニア(4.5年)
 広島(3年)
 ボツワナ(~~)
My favorit:
the ocean, nature, surfing
海、自然、サーフィン


Favorit word:
〝You can't step twice
   on the same
    peace of water."
by Albert Falzon

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.04.13_14:23

"Isn't Surfing Like a Life?"

 

サーフィンは、人生の縮小版のように感じる今日この頃

”You can't step twice on the same peace of water"

同じ波に乗れるのは一度きりチャンスを逃せば、二度と同じチャンスはこない

 

P2130069 (640x480) 


 

No.1  テイクオフ = チャンスをつかむ



大きな波に乗ろうとすれば、慎重に波を選ぶこと、

躊躇しないこと、タイミングを見計らうこと、

怖がらないこと、瞬時の判断力が必要になる。

 

テイクオフする時、少しでも躊躇したり、

タイミングが合わなかったりすると、

波に置いていかれるか、波にまかれる。

でも、乗らずに 「あの波、行けばよかった…」

と思うより、

失敗しても、ぐるぐるに巻かれて、苦しくて

やっと息ができた時、「次こそは!」

と思う方が、次につながる。

 

人生のチャンスも同じだと思う。

大きなチャンスをつかむには、怖がらず挑戦すること、

躊躇しないで、瞬時に判断する。

 

そして、何よりもタイミングを見計らうことは重要。

その、タイミングを見計らうには、やはり経験が必要。

“波に突っ込む”ことで、タイミングを学び、

次には”いい波”に乗れる。

 

 

No.2 ライディング = 手に入れたチャンスを自分のものにする

 

テイクオフしたら、次はその波をいかに自分のものにするか。

ここが最も難しい部分であると思う・・・

技術があれば、もちろん、一本の波に長く乗れるし、

技をたくさんマスターしていれば、それだけ楽しい(はず・・)

 

この技術を身につけるのが大変。

なぜなら・・

毎回毎回、同じ波はこないので、反復練習は難しいからである。

(同じ波は二度と来ない。全部が全部、違う波で、形も大きさもばらばら)



でも、毎回毎回新しい波に挑戦し、練習を繰り返すことが大切。

 

人生でも同じだと思うけど、チャンスはいつも一度きり。

同じチャンスはないし、待っててくるチャンスは少ない。

(波のりでも、波の来るところに動いて自分で波を見つけなければ、いつまでたっても乗れない)

 

波に乗ったら、そのあとが肝心。

どうやって、自分のものにするか。

 

 

途中なので、後で編集します。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://happylifeofmiho.blog76.fc2.com/tb.php/6-09f372d4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。