Koo Koo
MIHOのボツワナ日記
プロフィール

Miho IMAI

Author:Miho IMAI
Name:
 MIHO.I
Histry:
 Born in Toyama in Japan.
grown up in Tokyo +
Tasmania in Aus.
worked in Hiroshima +
now in Botwana.

富山(12年)
 東京(8年)
 タスマニア(4.5年)
 広島(3年)
 ボツワナ(~~)
My favorit:
the ocean, nature, surfing
海、自然、サーフィン


Favorit word:
〝You can't step twice
   on the same
    peace of water."
by Albert Falzon

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Botswana Art & School Holiday

DSC01810.jpg 

ボツワナには、ツワナ族の他にサン族(ブッシュマン)も住んでいます。

サン族は、もともと狩りをしたり木の根っこを採取したりして生活し、

小さなコミュニティーをつくって、移動生活をしていました。

しかし、ボツワナ政府の政策により、定住せざる負えない状況になってきて、

政府の援助を受けながら、職の確保と定住をするようになってきました。

そんな中、レコア(外国人:白人)が彼らの描く絵に目をつけて、

サン族アートプロジェクトを始め、

これまで何もなかったただのおばちゃんをアーティストに仕立て上げ、

彼らの ”アート” を世に出したのです。


彼らの描く絵は、不思議で、一瞬子供の絵にも見える。

でも、よく考えると、子供には描けない絵のようにも見える。

DSC01805.jpg 


平和な絵。

こんなの家に飾ってたら、めっちゃかわいい★

なんかよくわからないけど、色んな邪念(?)があっては描けないような絵らしい・・

DSC01813.jpg 

サン族って、結構平和な種族で、争うことはしない種族。

平等主義だから、大人も子供も平等、そして族長みたいな人もいないんだって。

この間、別のサン族じゃない人が描いた絵のアート展に行ったけど、

そこの絵は、すべてと言っていいくらいほとんどの絵に

人の悲しい顔や涙、血が流れてる絵とか

そんなのが描かれていた。

ボツワナ人も戦争をしらない人たちだけど、

よその国から来た人が多かったり、色んな歴史があって、

そして今の生活でも幸福って言えない生活を送ってる人もたくさんいて、

自分たちの知らない潜在意識の中に、なにか悲しさみたいのがあるのかなー

と感じた。

でも、サン族の絵は、なにか安心感がある。

DSC01811.jpg


なんていうか、いろんな知識が詰まった“常識人”には、この絵はなかなか描けないだろうな~。

こんど、彼らの工房を訪ねてみたいと思う。

ハボロネからちょっと遠いけど、多分8時間くらいバスに乗っていくと

ハンチという村があって、

そこはなんていうか、何にもない砂漠のような場所らしいんだけど、

そこにちいさなミュージアムもあるらしい。。


そして、日本に帰る時は1枚くらい、絵を購入して帰りたいなーと思います。




***********************************

スクールホリデイが始まりました。

P1060341.jpg 

この子たちは、学期の最終日に来た子たち。

この日は、エコパークのツアーとガーデニングをしました。

みんな、休みは田舎に帰ったりキャトルポスト(牛を飼ってるところ)に行くらしく、

しばらく、エコパークは静かになります。


で・・・・

この日、家でお泊まり会を行いました。

たくさんになると、ちょー大変なので、5人のキッズだけを呼びました。

DSC01861.jpg 
こっちでは、お泊まり会なんて概念ないから、

子供たちは大はしゃぎ。

迎えに行ったとき、家族総出で送りだし。

買い物をして、家に着くと、ボーイズは遊び倒す。

ガールズは、やっぱり女の子。

お手伝い。ハンバーグと巻き寿司をつくりました。

P1060373.jpg 

子供同士は、言葉の壁なんて問題ないさぁ~って感じで、

この2人もすぐに仲良しになりました。

夕飯は、ジャパニーズスタイルで・・・

いただきまぁ~す

P1060410.jpg 

エコパークの環境デイリープログラムで教えた言葉

「もったいない」

この日、初めて適切に使っていました。

ご飯こぼして

「モッタイナ~イ」 ってね。

大変だけど、とても楽しい1泊2日でした。

翌日(土曜日)は、年に一回のクラフトマーケットにいったり、

日曜日は、ハゲタカゲームリザーブにいったり、

大忙しの週末でした。


月曜日、同僚に

「週末どうだった?」

って聞いたら、

「パーティーずーっとしてた。それで、よくない週末だった」

って言ってたから、

「パーティーいいなぁー、楽しかったでしょ?」

 って言ったら、

「楽しいと月曜日がつらいから、そんな週末は嫌い」

っていった。

何もなかったら、「つまんなぁかったぁ~~~」っていうのに。



なんだかんだ、忙しい毎日です。

って、日本の忙しさとは全く別物ですが・・

今週も盛りだくさん。

学校休みは朝から子供たちが・・・遠くで みほぉ~

と叫んでます。




スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://happylifeofmiho.blog76.fc2.com/tb.php/53-efc35ec5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
今日は初めてパソコンから日記を見てるよ
パソコンのほうが携帯より見やすいからいいね☆
これからパソコンでチェックすることにするよ

色のとらえ方っていうかやっぱり国々の特徴が
あるもんだねぇぇ
色彩感覚ってこんなに違うもんかぁ

ところでmihoも髪編んでみたら?!笑
izumi | 2010.12.01 23:51 | edit
すごい、ステキな絵だ!
高いの?どれくらいするんだろう。。。。
大人でもないような子供でもないような絵って、いいね。
子供の絵だって思ったら、先入観で「いい絵だねぇ」って言っちゃいそうだけど、それって本当はおかしいもんね。
34 | 2010.12.03 11:10 | edit
★Izumi
日本の色彩ではないね。こっちは鮮やか&斬新って感じもするし、日本のは繊細って感じだね。
髪の毛、やりたいと思いつつ、めっちゃ時間がかかるらしいし、頭がかゆくなるらしいから、涼しくなってからやってみようと思うよ。
MIHO | 2010.12.03 15:28 | edit
★さだちゃん
すてきでしょ??
大体P800~P4000(¥10000~¥50000)くらいだった。日本円にしたら安いけど、今もらってる生活費じゃなかなか買えない・・・
でも、なんか和む良い絵だよね~。でも、先入観って不思議なもので、普通の人の絵でも“アート作品”って言って値段がついて展示してあると、自分がその絵を好きじゃなくても、この絵は“いい絵”なんだろうな~とおもっちゃうよね。ってことは、誰でもアーティストになりうるってことね。
MIHO | 2010.12.03 15:36 | edit
絵、すごくいいー!好きー!
絵って面白いよね~。
バックグラウンドによって、描く絵って本当に変わるね。
でも私にとっても1万円~5万円は高いな~(^^;)
sayo | 2010.12.06 22:16 | edit
★Sayoさん
絵、いいでしょ??
ちょっと高いけど、日本に帰る時は買いたい!!
ほんと、絵って面白い。その人の感性が正直に表れるよね。
MIHO | 2010.12.10 15:10 | edit
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。