Koo Koo
MIHOのボツワナ日記
プロフィール

Miho IMAI

Author:Miho IMAI
Name:
 MIHO.I
Histry:
 Born in Toyama in Japan.
grown up in Tokyo +
Tasmania in Aus.
worked in Hiroshima +
now in Botwana.

富山(12年)
 東京(8年)
 タスマニア(4.5年)
 広島(3年)
 ボツワナ(~~)
My favorit:
the ocean, nature, surfing
海、自然、サーフィン


Favorit word:
〝You can't step twice
   on the same
    peace of water."
by Albert Falzon

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.08.08_19:42
Somalerang Tikologo
~NGO ENVIRONMENTAL WATCH~

P1010614.jpg 

私の所属先ソマレラン・ティコロホ

ここでは、さまざまな環境問題について活動しています。

配属されて2週間経ちました。

ここ、ボツワナの開発・発展は目まぐるしいほどに変化している。

ダイヤモンドのおかげで、

急な経済成長したボツワナの都市環境は、

先進国と途上国の挟間にある感じ、

カオスです。

道端で野菜や飴などを売ってる人が大勢いる反面、

大きなショッピングセンターも数か所あります。

ということは・・・

もちろん、人が出すごみの種類も量も増えるわけです。

で、そういった人の生活に直接的に係る環境問題について取り扱っているのが、

私の配属先のソマレランティコロホ(ST)という、

NGO環境保護団体です。

第一の団体の目的は、市民への環境啓発です。

買い物袋の有料化、ガラス・カン・紙・ペットボトルの回収、

低所得者の家庭でのオーガニックガーデンの促進、

子供たちへの環境学習、などが中心の活動プロジェクトで・・

そのほかにも、温暖化、森林保護、などなど、

幅広い分野で活動しています。

私の役割は、いろいろあるんだけど・・・

まずは、子供たちへの環境学習を軌道に乗せようと考え中。

ボツワナの学校では、エコクラブというものがあるほど、

環境に対する意識は高い・・

先週のクラスの様子


これは、リサイクルの重要性を説明しているところ。 カウンターパートのエマニュエル

P1010601.jpg 

ボリスによるリサイクル品で作った小物の説明。

小物製作ということで、無職者への職提供とリサイクルという一石二鳥。

P1010608.jpg 

水が少ないボツワナでは、雨水も貴重なリソース。

貯水タンクにたまった水でガーデンの水やりをするとエコ。

P1010612.jpg 

こんな感じで、

私がいめーじしていた途上国の環境問題とは少し違って、

割と先進的な取り組みを行っています。

ま、これが住民にどれだけ浸透するかは、また別の話。

P1010560.jpg  

住民にエコを浸透させるのは、先進国に比べて

かなり難しいように思う・・

たとえば、ゴミの分別にしても、処理する場所がない。

だから、分別する意味がないように感じる。

ゴミはすべて一緒にゴミ箱へ・・そして、その後はランドフィル。

土地がいっぱいあるから、その影響は身近に感じないかもしれないけど、

それにより、野生生物の生息場所は脅かされ、

いずれ、人の生活にも大きな影響を及ぼす。

ということを、知ってもらう/感じてもらう必要がある。

*************************

これが、私のオフィスのあるエコパークの事務所


P1010571.jpg 
これが、私のオフィス。


P1010558.jpg 

これが、子どもたちの遊び場所


P1010559.jpg
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://happylifeofmiho.blog76.fc2.com/tb.php/33-27972e89
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。