Koo Koo
MIHOのボツワナ日記
プロフィール

Miho IMAI

Author:Miho IMAI
Name:
 MIHO.I
Histry:
 Born in Toyama in Japan.
grown up in Tokyo +
Tasmania in Aus.
worked in Hiroshima +
now in Botwana.

富山(12年)
 東京(8年)
 タスマニア(4.5年)
 広島(3年)
 ボツワナ(~~)
My favorit:
the ocean, nature, surfing
海、自然、サーフィン


Favorit word:
〝You can't step twice
   on the same
    peace of water."
by Albert Falzon

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.09.01_23:15
A Half Round Trip

P1160633-w400-h300.jpg 

21/08/12 - 28/08/12

ボツワナ半周の旅にいってきました。

というか、ボツワナで活躍してる他の隊員の任地訪問。

首都ハボロネでは、感じることのない

いろんなことを感じました。

そして、いろんな隊員とじっくり話しができたのがよかった。

残り少ないボツワナ生活、自分も頑張ろうと思った旅でした。


今回の総移動距離は・・・

P1160591-w400-h300.jpg 

って、よくわかんないけど・・・

とにかく、バスに乗りまくった。

こんななにもないところで、バスをまったり、ヒッチをしたりするのも、

のんびり、不安も感じず出来るようになりました(笑)

まずは、ハボロネからバス4時間。

セロエっていう街へ。

P1160555-w400-h300.jpg 

割と、街です。

ここで、まずは、市役所?的なところで働いている隊員のオフィスへ。

P1160549-w400-h300.jpg 

役所系に勤めてる隊員のオフィスは、立派。
 
やっぱり、NGOとは違いますな~

P1160546-w400-h300.jpg

5S の 活動をしている隊員。

ボツワナ人は、生理整頓が全くできないから、いつも資料をなくします。

だから、5S を浸透させることは、重要なのだと思います。


セロエの次は、バスで3時間北上。

レタカネっていう町へ。

 P1160572-w400-h300.jpg

ちょうど、この日は、エアロビクスの日で、

 私も参加。

村の子供たちは、街のこどもたちより、ませてない。

素直な感じがしました。


レタカネの次は、モクビロっていう村へ バスで1時間程。

ここは、本当に何もなかった。

お店の中も、空っぽ。

バーだけは、たくさんあるらしい。

P1160624-w400-h300.jpg 

小学校で、算数の授業。

勉強のできない子ばかり。

答えもあてずっぽ。

子供に何かを教えるのは、根気が要ります。

それから、ここには、Cattle Post に住む子供たちのホステルがあり、

そこにも見学に行きました。

(Cattle Post : ブッシュの中にポチポチある牛を飼ってるところ?

日本で言うと、酪農家?

でも、そんな感じでもなく、

ボツワナは、牛が大事な資産なので、みんな牛を飼っている。

で、それは街では出来ないから、ブッシュに土地を持って、

牛をかいながら(と言っても、野放しだけど)、なにもないところで、

暮らしている人もたくさんいるのです)

P1160600-w400-h300.jpg 

食器洗いも、自分たちでしてました。

P1160599-w400-h300.jpg 

みかんのネットで作ったボールで遊んでたよ~。

リサイクル!

っていう意識は全くないだろうけど。

P1160602-w400-h300.jpg 

ここは、子供たちが寝泊まりする部屋。

勉強机とか本とか、そんなものは一つも見当たらなかった。

そんなところがボツワナだな~と思いました。

この村は、断水は多くて、その隊員の家はお風呂も

お湯をポットで沸かして入る形式。

首都とは偉い違いです。

P1160651-w400-h300.jpg 

こんな感じで、村にある井戸の水くみ場でみんな水を汲んでました。

地方に行くと、これが結構当たり前みたい。



次。

モクビロ から 一時間半くらいバスで

 フランシスタウンっていうボツワナで2番目に大きな街を通って、

そこからコンビに乗り換えて、更に1時間くらい。

次は、マロベラっていう町に。

というか、村か・・・

P1160684-w400-h300.jpg 

コンビの運転手にお願いして、

ちゃんと、目的の場所でおろしてもらい、

一緒に降りた人にお願いして、

友達のお家まで案内してもらいました。

こんなやさしいところがボツワナ。

ま、ここも何もなかったな~。


で、次は・・・

ヒッチハイクで、1時間ちょい。

トゥトゥメって村へ。

これは、町?

もう、なんだか、町だか村だか、街だか、なんだか分からなくなってきた。

けど、ま、田舎です。

そこから、更に1時間。

ジンバブエとの国境に遊びに行きました。

P1160668-w400-h300.jpg

なんにもなかったよ。

なんか、幽霊が写ってるけど。

ジンバブエ、ぎりぎりのところまで行って・・

P1160678-w400-h300.jpg

ジンバブエ人にあいさつをしました。

言葉教えてもらったけど、忘れた・・

ここから、トゥトゥメに戻って、

マロベラ見学して、




次は・・・

マロベラからヒッチハイクして、一時間

フランシスタウンへ。

そこから、4時間半くらいで、

ボボノン

っていう町へ。

ここもまた、なにもない。

ま、お店はあるけどね。

ま、、どこもかしこもなにもないのがボツワナです。

でも、ここ、ボボノンには、

きれいな石がたくさん落ちてます。

パワーストーンの宝庫!!!

P1160709-w400-h300.jpg

雨季になると川になるであろう河路で・・・

お気に入りのストーンをたくさん拾って帰ってきました。


という感じで、


とにかく、楽しい楽しい一週間でした。


ボツワナのことも知れたし、

他の隊員の生活もしれたし、

いろんな話をして、

これからのこととか色々考える材料をたくさんもらいました。







という、すばらしい一週間の後・・・・・・・・

Life is Hectic な感じの一週間に・・・

1.同僚の辞職

私が日本に帰るまで、粘るって言ってたのに、旅行から帰ってきたら2人辞めてました。

そのうちの一人とは、今のプロジェクトを一緒にやってたので、

来週からの出張・・どうすんの???って感じで・・・

急遽、色々準備、手続き・・・大変だった~

って、そんなこんなしてるときに・・


2.強盗

っていうほど、恐ろしいものでもなかったんだけど、

出勤前、いつもの時間いつもの道で・・・

ナイフを持った若者が・・・

「金をだせ!!」

ではなく・・・

「その携帯ちょうだい?」

って感じで言ってきたので・・

マジッすか?

とか思いながら、携帯渡した。

でも、連絡先とか分からなくなると困るから、

シムカードだけ、取らないで~

とか、ごちゃごちゃ言っているうちに、

彼は、私のIpod も持って逃げ去りました。

あ~あ。

とか思って、なかったことにしようかな~

めんどくさいな~

とか、考えながら職場に行ったら、

人が辞めたので、他の人も感化されて、

みんな、仕事辞めたいとかなってて・・

もう、1時間後には仕事のことで頭がいっぱいで、

警察にもすぐに行かなかったから、

翌日、

セキュリティアドバイザーにこっぴどく怒られました。

ま、気の緩みでしょう。

あさってから、

ブッシュマンのたくさん住んでる村

New Xade

ってところに出張に行ってきます。

最後のお仕事。

その次の週は、おねえちゃんがボツワナに遊びに来ます!

気を引き締めて、楽しみましょう。



あ~、長く書きすぎた・・・

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://happylifeofmiho.blog76.fc2.com/tb.php/126-3370d669
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.09.02 23:50 | edit
災難でした~。
でも、ボツワナの首都もだんだん危険になってきて、
私がボツワナに来た当初より犯罪も増えてきてる気がします。
平和だけが取り柄の様な国で・・・
これからは、いいことづくめの毎日かな~(笑)
Miho IMAI | 2012.09.16 18:34 | edit
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。