Koo Koo
MIHOのボツワナ日記
プロフィール

Miho IMAI

Author:Miho IMAI
Name:
 MIHO.I
Histry:
 Born in Toyama in Japan.
grown up in Tokyo +
Tasmania in Aus.
worked in Hiroshima +
now in Botwana.

富山(12年)
 東京(8年)
 タスマニア(4.5年)
 広島(3年)
 ボツワナ(~~)
My favorit:
the ocean, nature, surfing
海、自然、サーフィン


Favorit word:
〝You can't step twice
   on the same
    peace of water."
by Albert Falzon

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.01.09_16:34
Zambia & Malawi Trip
 Part2

IMG_5375-w400-h300.jpg  

前回に引き続き、旅の話の続き・・

ザンビアの次は、今回の旅の目的地、マラウイへ

マラウイの国土のほとんどは、マラウイ湖であり、

その南側にあるケープマクレアってところに行ってきました。

ここまでも長い道のりでした。

ザンビアのチパタって言う街を出て、

タクシーとミニバスを乗り継いで、

マラウイの首都リロングエへ・・

この時期、マラウイはガソリン不足のため、

バスなんかは一杯になるまで動かない。

だから、この一杯になるまでの待ち時間がひたすら長かった。

DSC03724-w400-h300.jpg 

ガソリン待ちの車たち。

でも、いつガソリンが入荷されるかは定かではない・・

ミニバス(ハイエース:ボツワナで言うコンビ)には、20人くらい乗っちゃうよ

DSC03856-w400-h300.jpg 

荷物もギュウギュウに詰め込んで、変わったお客様まで乗せて・・・

首都リロングエは、とにかく人は多かったけど、

やっぱりボツワナに比べると田舎。

小さな街。

でも、人口が多い分、活気に満ちあふれ、商売っ気もボツワナの何倍もありました。

リロングエに一泊した後は、ケープマクレアに・・

行きは、チャーターしたミニバスに便乗して、ラクラク到着。

ボツワナにはない光景に興奮しっぱなし・・

DSC03733-w400-h300.jpg 

これは、マトラっていう乗り物。

ケープマクレアからの帰りは、これに乗るしか交通手段がなく、

帰りに挑戦しました。

いよいよ、ケープマクレアに到着!

久しぶりの海~・・じゃなくて、湖。

でも、ほぼ海の様なもの。

心がいやされた~

P1120767-w400-h300.jpg 

ここには、chambe villegeという村があって、人々の日常が垣間見れる場所。

だから、余計に面白かった。

PC210136-w400-h300.jpg 

こんな村の中に、バックパッカ―やロッジが点在してる。

この時期は、あまりツーリストはいなかったよ。

PC210162-w400-h300.jpg 

畑もたくさんあり、あちこちに井戸もあり、

貧しいと言いながらも、資源はあり、

生活していく分には豊かな生活ができてるんじゃないかとさえ思った。

ここがボツワナと違うところ。

ボツワナは、国の援助がしっかりしているからいいものの、

”生活” していくための資源が少ない。

だから、国の援助がなくなったら生きていく術がない人が多いと思う。

そこが、大きな違いに感じた。

という話は置いておいて、マラウイ湖も大切な生活の場でした。

PC210176-w400-h300.jpg 

朝早くから、頭に洗濯もの、食器を乗せて湖で家事をこなす女性たち。

子供たちも、小さくても女の子はみんな家事のお手伝いをしてました。

IMG_5417-w400-h300.jpg
男性は釣りに出かけ・・・(マラウイ湖には、世界初の水中国立公園がある。

固有種もたくさんいて、その保護に努めなくてはならない傍ら、

こういった日常の漁により、どんどん希少種も減ってきているとのこと)

でも、何も知らない人々は食べるために成長しきってない魚も捕って食べてしまう。

こういうところにボランティアが入るべきでは???


子供たちも、朝から晩まで(本当に言葉のとおり、朝から晩まで)遊んでいました。

PC210077-w400-h300.jpg

学校で習っている音楽を披露してくれました。

Lucky Band

PC210098-w400-h300.jpg 

かわいかった~

散歩に行くたびに、この子たちと会い、一緒に歩きました。

お家まで案内してくれて、かわいかったよ~

IMG_5331-w400-h300.jpg 


もっともっと居たかった。

ここには3泊しかしなかったけど、ほんと1週間くらいいても飽きなさそう。

P1120816-w400-h300.jpg 

サバイバルクッキング

IMG_5428-w400-h300.jpg 

紙すき体験

いろいろ楽しかった~。

ここでも、マーケットに行きました。

マーケットは、ちょっと危険な感じもするけど、地元の人々の生活が分かる。

とても貴重な経験となりました。

ボツワナには、マーケットがないから、みんなスーパーで買い物するし・・

写真がないのが残念だけどね。


この後は、またマトラ&ミニバスで首都に戻り、

そこから、ミニバスで国境を超え、

バス8時間かけてザンビア首都に戻り、

そこから、一気に飛行機でボツワナに戻りました。

帰ると、人っ子一人いないボツワナ首都、ハボロネ。

クリスマスの日に帰ってきたから、ほんと、言葉の通り、

”ひとっこひとり”居なかったよ。

さすがですねボツワナ。

ホッとしました。

でも、やっぱもっと旅行したい!!

と思った旅でした。

 
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://happylifeofmiho.blog76.fc2.com/tb.php/104-eaa67cdb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。