Koo Koo
MIHOのボツワナ日記
プロフィール

Miho IMAI

Author:Miho IMAI
Name:
 MIHO.I
Histry:
 Born in Toyama in Japan.
grown up in Tokyo +
Tasmania in Aus.
worked in Hiroshima +
now in Botwana.

富山(12年)
 東京(8年)
 タスマニア(4.5年)
 広島(3年)
 ボツワナ(~~)
My favorit:
the ocean, nature, surfing
海、自然、サーフィン


Favorit word:
〝You can't step twice
   on the same
    peace of water."
by Albert Falzon

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.11.30_21:59
CAN RECYCLE

P1120322-w400-h300.jpg 

前に、ガラス瓶リサイクルの話をブログでしたことがあると思うのですが、

今日は、缶のリサイクルについて紹介します。

ボツワナの生活レベルと消費量、それと空き缶のリサイクルレベルを

比較すると、本当にわずか。

だけど、わずかながらにもリサイクルが進んでいます。

って、本当はもっと政府がこのことに力を入れてほしいんだけどな~

と思いながら、

細々と、私たちみたいなNGOとかリサイクルを商売にしてる会社とかが頑張ってます。

私たちの集める缶の行方は・・・

まず、月に2回くらい集まった缶を

"Collect A Can"

っていう会社に売りに行きます。

P1120310-w400-h300.jpg 

残念ながら、南アの会社ですが、かなり大規模に運営していて、

南部アフリカの多くの国に支店をもっています。

まず、ここに集まった缶を持ってきて、重量を量ります。

P1120311-w400-h300.jpg 

こんな感じで・・

後で、缶を降ろして、トラックの重さを量って、

その差引で缶の重さを見るという仕組み。

P1120319-w400-h300.jpg 


こうやって、荷物をおろします。

P1120324-w400-h300.jpg 

待ってる間は、歌って踊って時間をつぶします。

それで、機械に缶を入れると・・

P1120334-w400-h300.jpg 

こんな風にでてきて、つぶされて・・

P1120313-w400-h300.jpg 

最終的には、こんな感じに・・・


で、ここからは、南アの大きな工場で溶かされ、新しいものに作り替えられます。


という感じで、

工程としては、ガラス瓶と全く同じ流れ・・

だから、やっぱりコストがかかる。

いつになったら、ボツワナにもリサイクル施設ができるのでしょう?

費用対効果が見合っていないのか?

それとも、まだ人々の関心がそういったところに向いていないのか?

ま、両方だと思うのだけど、

もっと、市民の目、政府の目が環境に向いてくれるといいんだけどね。



最近は、スクールホリデーに入り、仕事が減りました。

っていうか、全然忙しくない。

だから、グリーンショップ(リサイクルで作ったお土産を売るお店)と

オフィスの電話番&お客対応がほとんど。

その合間に、レポートを作成している感じ。

ガーデンの野菜も、全部取り払い、今は新しいプロジェクトのための実験中。

そのことは、また次のブログに書きます。

ボスと同僚が、今、南アのダーバンにてCOP17に参加してます。

毎日ニュースで見てるけど、私も行きたかったな~。

ちゃんと、手続きすれば行けたかもだけど、

他のことがバタバタしてて、結局チャンスを逃しちゃった。

ま、海を見たらやばいので、これでよかったかな。

休みまで、後10日
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://happylifeofmiho.blog76.fc2.com/tb.php/100-d0054973
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。